ホーム / 専攻の紹介 / 研究室・教員 / 構造物マネジメント工学

構造物マネジメント工学

持続可能な社会生活を実現するためには,都市基盤構造物の機能を維持して長寿命化を図り、さらに環境への負荷低減を図ることが必要です。本講座では、コンクリートや鋼等の従来型材料に加え、高機能材料やリサイクル材料を効果的に組合せて、都市基盤構造物の合理的設計法、長寿命化技術、戦略的維持管理技術、低環境負荷技術を確立することを目指しています。

教員

高橋 良和 ( Yoshikazu TAKAHASHI )

教授(工学研究科)

構造ダイナミクスをご参照ください.

高谷 哲 ( Satoshi TAKAYA )

高谷 哲助教(工学研究科)

研究テーマ

鉄筋腐食メカニズムや防せい方法を中心に,コンクリート構造物の劣化メカニズムや補修材料について研究を行っています.劣化のメカニズムや補修材料が効果を発揮するメカニズムを明らかにすることにより,精度の高い劣化診断・予測手法の確立,効果的な補修材料の開発,補修効果の評価手法の開発などを目指しています.

連絡先

桂キャンパス C1棟 2階 220号室
TEL: 075-383-3321
FAX: 075-383-3324
E-mail: takaya.satoshi.4nimage_atmark.gifkyoto-u.ac.jp

研究室ウェブサイト

http://csd.kuciv.kyoto-u.ac.jp/index.html