ホーム / 在学生・教職員の方 / 2020年度・二専攻教務情報 / 4月期ポートフォリオの提出について(博士)(2020.4.1掲載)

4月期ポートフォリオの提出について(博士)(2020.4.1掲載)

令和2年度の大学院修士課程ポートフォリオの提出先および提出期限は以下の通りです。必ず指導教員と相談の上で記入し、期限までに提出してください。

なお、令和2年度(2020年)4月入学者と令和元年度10月以前入学者では提出期限が異なるので、注意してください。また、このポートフォリオは高度工学コースの学生を対象とした書式です。

履修登録はKULASISから行います。履修登録時に作成する「履修登録科目選択リスト」(主指導教員のサインを貰ったもの)をポートフォリオと合わせて以下の要領で提出して下さい。

令和2年度(2020年度)4月入学者

    • 提出期限:令和2年4月13日(月)17:00厳守
    • 提出方法:
    1. 次のリンクをクリックしてポートフォリオのワードファイルをダウンロードして下さい。令和2年度入学者用ポートフォリオ(博士課程) Portfolio_form_doctor2020
    2. ポートフォリオの1~3ページ(入学時提出用)に必要事項を記入して印刷してください(各ページヘッダーの氏名欄に必ず記入すること)。
    3. ポートフォリオの3ページの署名欄に指導教員から自筆のサイン((重要)主指導教員に加えて副指導教員2名のサインも必ず必要)をもらってください。
    4. 履修登録時に作成する「履修登録科目選択リスト」を印刷し、主指導教員のサインを右上の余白にもらってください。
    5. 指導教員のサイン入りのポートフォリオの1~3ページと同じく主指導教員のサイン入りの「履修登録科目選択リスト」をスキャンして一つのPDFファイルにしたものを下記の指定アドレスへ添付ファイルで電子提出してください。
    6. ポートフォリオの原本は、修了要件となる重要な書類なので、各自大切に保管してください(最終セメスターに原本を提出する必要があります)。

(ファイルの提出先)

ポートフォリオ提出先メールアドレス:kyomu-ceum@adm.t.kyoto-u.ac.jp

 (注意)

    1. 送信の際の件名は次の通りにすること。学生証番号(10ケタ半角) + 専攻名(社会基盤→CE or 都市社会→UM,半角入力)+氏名 (例)1234567890CE 山田太郎
    2. 指導教員(都市社会の学生は副指導教員にも)宛にもCC送信すること。
    3. ファイルサイズに気をつけること。100kb程度が望ましい。
    4. ファイル名は "学生番号(10ケタ半角)+氏名.pdf"とすること。 (例)1234567890山田太郎.pdf

令和元年度10月以前の入学者

(平成21年10月以前の入学者についてはポートフォリオの提出は不要です)
    • 提出期限:令和2年4月16日(木)17:00厳守
    • 提出方法:
    1. 令和元年10月以前に入学した学生のポートフォリオは、これまでの書式を引き続き使用ください。
    2. ポートフォリオの該当ページに令和元年度後期の学習状況を記入してください。
    3. 署名欄に指導教員から自筆のサイン(主指導教員に加えて副指導教員2名のサイン)をもらってください。なお、右上隅に必ず自分の氏名を記入してください。
    4. 履修登録時に作成する「履修登録科目選択リスト」を印刷し、主指導教員のサインを右上の余白にもらってください。
    5. 指導教員のサイン入りのポートフォリオの該当ページ同じく主指導教員のサイン入りの「履修登録科目選択リスト」をスキャンして一つのPDFファイルにしたものを下記の指定アドレスへ添付ファイルで電子提出してください。
    6. ポートフォリオの原本は、修了要件となる重要な書類なので、各自大切に保管してください(最終セメスターに原本を提出する必要があります)。

 (ファイルの提出先)

ポートフォリオ提出先メールアドレス:kyomu-ceum@adm.t.kyoto-u.ac.jp

(注意)

      1. 送信の際の件名は次の通りにすること。学生証番号(10ケタ半角) + 専攻名(社会基盤→CE or 都市社会→UM,半角入力)+氏名 (例)1234567890CE 山田太郎
      2. 指導教員(都市社会の学生は副指導教員にも)宛にもCC送信すること。
      3. ファイルサイズに気をつけること。100kb程度が望ましい。
      4. ファイル名は ”学生番号(10ケタ半角)+氏名.pdf”とすること。 (例)1234567890山田太郎.pdf